手形割引を東京で取引する時に天然資源が枯渇する前にするべきことを考えた

天然資源がいつ枯渇してしまうのか、
人間の活動が天然資源に依存している以上、
資源の枯渇は死活問題です。
手形割引を東京で取引した際に、エネルギー関係の会社の人と知り合って
手形割引の話ついでに資源が枯渇する前に
人間は何をすべきかを議論しました。
石油はもちろん、シェールガスもいつかはなくなってしまうものです。
いつそうなってもいいように前もって準備をしたり、
代替可能な技術を確立させるべきだと議論は白熱しました。
手形割引の取引が終わってからも、一人で天然資源のことを考えました。
今、社会がどれだけそういった資源に頼り切っているか、
もしそれらの資源の枯渇が訪れた時どうなるのか。
いつかは訪れる結論をもっと真剣に議論すべきでしょう。