ついつい使いすぎたり、台所の水漏れをスルーしたりしてしまい。

人間の慣れというものは恐ろしいもので、
ありがたみという気持ちも簡単に忘れてしまいます。
例えば、水。
数少ない資源であり、もっとも人間に必要なのに、
現在のライフラインが優れすぎて安く簡単に手に入るので、
ついつい使いすぎたり、台所の水漏れをスルーしたりしてしまいます。
それで夏などに「節水のご協力を」なんて出ると、あぁしまった、となる訳でして。
習慣化することは人間にとって財産であり貴重な能力の一つでありますが、
良くも悪くもの諸刃の剣でもあります。
せめて家庭のことは効率的でなくても自然に優しくありたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です