座間市というところで葬儀

天然資源の枯渇に警鐘を鳴らし続けたが
学者の葬儀が座間市で営まれることに決まり、
身なりを整えて急行したときに人生観が変わりました。
葬儀が順調に進むと、かつて天然資源の枯渇にまつわる雑学を教わった風景が
頭の中に広がりました。
一度は天然資源の枯渇の研究から遠ざかっていたものの、
葬儀に参列したことを皮切りに気持ちが奮い立つことになります。
天然資源の枯渇に関連した模型が棺に入れられた瞬間、
座間市で葬儀した経験を忘れることなく再度学術に没頭しようと考えたからです。
座間市には別の用事のついでとして葬儀場にも足を運びましたが、
学者が骨になった直後には気持ちを新たにして勉学へ向かう準備を整え始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です