施工図の作成依頼をした時に

現在の日本では天然資源の枯渇が問題となっています。
特に森林資源では、高級なヒノキやスギの材木が減少しており、
価格の高騰が止まりません。
私は設計士で、二年前にある家庭のリフォームを担当しました。
依頼人の希望を問うたところ、
風呂の浴槽には天然のヒノキを使いたいと答えました。
依頼人のリフォームは以前も担当したことがあり、
その際に質の高いヒノキ製の浴槽に変えたのですが、
雰囲気も良く消臭効果もあり満足度が高かったとのこと。
そこで私は以前の時と同じ材質の浴槽を指定して、
ゼネコンに施工図の作成を依頼したのです。
しかしゼネコンの返答は、この予算では無理だというものでした。
私も知らなかったのですが、
質の高いヒノキ材は数年前に比べて何倍にも高騰していたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です