東大卒の家庭教師に資源枯渇に関して教えてもらった

私は大学受験の勉強をする際に東大の家庭教師をつけてもらいました。
私は偏差値が高いとは言えなかったので、地元の国立大学を目指していました。
なのに東大生の家庭教師をつける必要があるのかと言われました。
しかし、東大生の家庭教師は、私のことをとても一生懸命教えてくれました。
私は勉強をずっとし続けることがとても苦手だったため、よく脱線していました。
でも無駄なおしゃべりばかりではなく、
時にはまじめなテーマで話をすることもありました。
印象に残っているのが、天然資源の枯渇についてです。
世界には資源が無限にはないということを
みんなきちんと理解するべきという結論に達しました。
私も天然資源の枯渇については意見があったので、大いに語り合いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です